売却物件査定-売却物件査定

売却の際、希望物件の価格には、「売却希望価格」「査定価格」「売出し価格」「成約価格」とご相談から成約までの間に様々あります。 売却希望価格がそのまま売り出し価格とはなりません。まずは、基本となる査定価格を物件査定により算出します。


売却価格の種類

売却希望価格
売主様が希望する売却価格。できるだけ高く売りたいと思うことから、査定価格よりも高くなることが多い。
査定価格
不動産仲介会社が査定して算出した価格。相場や物件状態などのさまざまなデータから出された「このくらいの価格なら売れるだろう」というもの。
売出し価格
提示された査定価格を考慮し、不動産仲介会社と相談して実際に売りに出す価格
成約価格
買主様が見つかり、実際に売買契約を締結した価格

2つの査定方法

査定方法には主に次の二つがあります。

簡易査定(机上査定)

ご売却希望のお住まいにお邪魔することなく、取引事例(所在・面積・成約価格・成約時期)、販売事例販売事例(所在・面積・販売価格・販売期間)など近隣の相場を参考に概算の査定価格を算出します。比較的短時間で、おおまかな金額がわかります。

訪問査定(詳細査定)

物件調査の結果と近隣の取引事例や市場動向などを総合的に分析・検討し、適正な価格を査定します。簡易査定よりも詳細な査定価格が算出できます。もちろん査定の根拠についてもご説明します。
これら査定価格を検討いただき、売却を依頼するのかどうかをお決めください。
※査定価格は不動産鑑定評価に基づく価格ではありません

売れる現実的な価格で査定します。

価格査定依頼にあたって必要なもの

ほとんどの場合、住所をお知らせいただき物件を特定できれば簡易査定は可能です。

  • 地図・・・不動産会社にあるもので充足することが多い。
  • 登記記録(登記簿)・・・物件の正確な面積等を把握するために必要なので、提出を求められる場合がある。ただし、査定結果を物件価格ではなく、㎡や坪当たりの単価で示す場合は不要な場合も。フロンティアホームでは営業スタッフがご用意しますので不要です。
  • その他詳細資料(購入時の重要事項説明書、建築関係書類等)・・・詳細査定の場合は、物件を特定する資料に加えて、その他の詳細資料が必要となる場合がある。

※不動産会社が独自に調査することが可能ですが、あらかじめ必要な資料を提示すると査定を円滑に進めることができます。
詳細査定に当たっては、どのような資料が必要となるか不動産会社に確認した上で、できるだけ多くの資料や情報を提供するといいでしょう。

価格査定のポイント

  • 周辺の類似物件の直近の成約事例
  • 建築年数
  • 平均的坪単価
  • 日照や眺望
  • 外装、室内の管理状況
  • 地価の動向
  • 設備状況
  • リフォームの必要性
  • 物件の希少価値