売買契約-不動産売買契約

いよいよ売買契約です。売買契約はお申込から1週間後くらいに設定されるのが一般的。
契約当日はフロンティアホームの宅地建物取引主任者による重要事項説明確認の後、条件交渉で合意に達した事項を盛り込んだ売買契約書の内容を買主様と売主様に確認していただきます。

わからないことがあったらお気軽にお聞き下さい


売買契約当日の流れ

  • 重要事項説明
  • 売買契約書の内容確認
  • 売買契約
  • 手付金支払い
  • 仲介手数料支払い

売買契約

売買契約書の主な内容

売買契約は一般的に重要事項説明の後で行われます。売買契約を締結後は、契約時に支払った手付金を放棄しないと、キャンセルできません。内容は重要事項説明書と重複している項目が多いため形式的になりがちですので、契約書の条文はしっかり読み、重要事項説明書と食い違いがないかを事前に確認しておきましょう。わからないことは当社スタッフになんなりとご相談ください。

物件の表示等
物件の所在地や面積、売買代金、代金の支払い金額、時期などを明記しています。
契約条項
物件の内容についての合意事項、引き渡しまでの約束事などが書かれています。

手付金の支払い

契約内容をご理解されたら、契約書に署名・捺印し、売主様に手付金の支払いが必要になります。
手付金とは、売買契約をする際に、相手方の債務不履行の有無を問わず解約権を認める目的をもって、あるいは、相手方に債務不履行があった場合の損害賠償の予定あるいは違約金として、買主様から売主様へ支払われる金銭です。なお、このあとに契約を解除する場合にはこの手付金を放棄しなければならないことが宅建業法により定められています。手付金を支払っても、売買代金の一部が支払われたことにはなりませんが、残金決済時には売買代金の一部として充当されます。
手付金は不動産取引においては一般的に物件の売買代金の5%~10%、額としては100万円~200万円が相場と言えるでしょう。

売買契約が成立すると、仲介会社に仲介手数料を支払います。仲介手数料は、売買契約締結時と残金決済時の2回にわけるのが一般的です。