売買契約-重要事項説明書の事前チェック

「重要事項説明書」は専門用語が多く、一般の方にはわかりづらいものですが、納得のいくまで確認することが必要です。
フロンティアホームでは国家資格である「宅地建物取引士」の資格を持ったスタッフが、お客様に内容をしっかりご理解いただけるよう、ご説明いたします。
見落としがちなポイント、注意すべきポイントを丁寧にご説明します。 分かりづらい専門用語や法律についても解説いたします。
わからないことがあったらお気軽にお聞き下さい

わからないことがあったらお気軽にお聞き下さい


重要事項説明書とは

「売買契約に先立って、買主様に対して宅地建物取引業者が購入される不動産の重要な事項について書面を交付の上、説明するよう」と宅建業法で義務づけられており、この重要事項をまとめた書面のことを「重要事項説明書」といいます。

契約書・重要事項説明書の事前チェックが重要な理由

売買契約は一般的に重要事項説明の後で行われます。売買契約を締結後は、契約時に支払った手付金を放棄しないと、キャンセルできません。内容は重要事項説明書と重複している項目が多いため形式的になりがちですので、契約書の条文はしっかり読み、重要事項説明書と食い違いがないかを事前に確認しておきましょう。わからないことは当社スタッフになんなりとご相談ください。 また、契約当日以前に契約書、重要事項説明書の内容を把握できるため、調査・記載漏れがないか事前にチェックすることができます。 トラブルを未然に防ぐことができ、納得して契約に臨めます。

重要事項説明書の主な内容

購入物件の詳しい内容や契約日、手付金等の支払い条件、売買契約を解除したときの取り決めなどについても説明されます。最終的に買うか買わないかを決める材料となるものです。

物件内容
登記簿に記載されている権利関係をはじめ都市計画法などの法的制限、施設の内容や管理などについて説明します。
契約内容
購入代金の支払い方法、手付金の取り扱い、契約の解除、契約違反、ローンの不成立の場合の措置などを説明します。
承認事項等
買主様が事前に知っておくべき特記事項を説明します。

売買契約書の主な内容

物件の表示等
物件の所在地や面積、売買代金、代金の支払い金額、時期などを明記しています。
契約条項
物件の内容についての合意事項、引き渡しまでの約束事などが書かれています。