資金計画・調達サポート-生命保険・損害保険相談

住宅取得に保険は必須です。 昨今、保険会社の保険金不払いや保険料の取り過ぎが問題になっています。正しい知識と情報で必要な保障を選ぶのが肝心です。 新たに多くの保険に加入しますので、お手持ちの保険と調整・整理し、重複や無駄になっている保険料を効率的な住宅ローン返済に役立てましょう。
フロンティアホームでは「無料ライフプラン相談室」というサービスをご用意しています。保険などのプロであるファイナンシャルプランナーに保険やお金、ライフプランのことなどを完全予約制でご相談いただけますので、是非ご活用下さい。


保険あれこれ

生命保険

団体信用生命保険(団信)
債務者を被保険者として、保険金の受取人を金融機関等とする生命保険。債務者が返済途中で死亡されたり、高度障害者などになり、住宅ローンの返済が不可能になった時、ローン残額全額が保険からおります。(金融機関によっては不要の場合有り)

損害保険

火災保険
任意での加入となります。住宅購入をされる方のほとんどは加入されています。借地権の物件を購入する場合などには加入が必須です。長く暮らしていると火事や近隣の家事からのもらい火などで家が全焼・全壊など被害にあってしまうこともあります。建物だけでなく家財なども保障してくれるものがあります。近年の火災保険は、「住宅(個人財産)総合保険」が主流で、火災以外に起こりうる住宅に関する様々なリスクを幅広く保障しています。
また、最近増えている水災をカバーしてくれる商品も多くあります。火災保険における水災とは、洪水や土砂災害、高潮などを指し、これらにより住宅などが床上浸水、倒壊、流失といった損害を受けた時に保険金が支払われます。もちろん、水災補償がセットされた火災保険でないと保険金は受け取れません。必ずしも水災補償が付帯されているとは限らず、付帯している場合でも商品や契約によりカバー内容が異なります。
地震保険
任意加入になっています。損害保険料控除の対象は地震保険料となっており、国の政策的にも加入を勧めております。保険料は一律で、所在地・保険金額・構造によって決まります。また、地震が原因で火災が発生した場合には地震保険がないと対処できません。

住宅購入のあとは保険の整理を

これらの保険での対策が済んだら、昔から加入していた生命保険の見直しをすることもおすすめです。生命保険は、世帯主に万が一のことがあった場合に、その後の遺族の生活を支えるための保障を確保するためのものですが、団信に加入した場合、その一部をカバーしてくれるので保障が重複し必要以上に生命保険に加入している状態になっている場合も多いのです。

万が一への対策も万全にしましょう。