資金計画・調達サポート-資金(ローン)シミュレーション

以前は、住宅金融公庫を中心とした公的融資を利用する方が大半でしたが、近年は制度改定に伴う公的融資の縮小・廃止、民間の金融機関による住宅ローンに対する積極的な取り組みにより、さまざまな住宅ローン商品が登場してきています。
一方、住宅金融公庫の直接融資制度に代わる長期固定金利型の住宅ローンとして誕生したフラット35と呼ばれる住宅ローンも依然高い人気を集めています。また、資金計画に欠かせない生命保険も三大(七大)疾病等による就業不能状態に対応した保険つきの商品が発売されるなど、金融環境は日々変化しています。


フロンティアホームでは

ローンの借入金や月々の返済可能な金額などにより、固定金利・変動金利、利率、返済期間など各種住宅ローンや生命保険を選択し、ご希望にそった返済計画をご提案いたします。

  • 各種住宅ローンの比較ができます。
  • ご自分の借入可能額がわかります。
  • 月々の返済額、完済時期がわかります。
  • 複数のローンを利用した場合での返済額・返済期間もわかります。
  • 最適で有利な住宅ローンを設計できます。
  • 月々の希望返済額からどれくらい借り入れできるかわかります。
  • 繰り上げ返済の目標額がわかります。
  • 金利が上昇した場合の返済額がわかります。
  • 無理のないローン設定がわかります。
  • 金利優遇が受けられるかどうかわかります。

わからないことがあれば遠慮なく聞いてください。

住宅ローンについて

様々な金融機関から数多くの住宅ローンが登場しています。フラット35や民間ローンを主力に、年金・財形・社内融資など利用可能なローンの中から、ご自身に最も有利なもの選びましょう。ローンそれぞれのメリット、デメリットをピックアップしておきましたので参照ください。

フラット35

メリット
最長35年の全期間固定金利で、借入れ時に返済終了までの返済額が確定し、返済途中で金利が変わらないため返済計画が立てやすい。 保証料が不要。 返済中の繰り上げ返済手数料が無料。 中古物件でも長期返済が可能。
デメリット
長期の全期間固定金利であるため、変動金利や国定金利期間選択型に比べて、住宅ローン借入時の金利が高め。 住宅金融支援機構が定める技術基準に適合していることを示す適合証明書を取得する必要があり、また技術基準に関する条件が厳しい。 借り入れまでに多少時間がかかる(2週間~1ヵ月と金融機関によって様々)

民間融資

メリット
建築基準法に違反しているような場合を除き対象物件への制限がほとんどなく、一般に公的融資より条件が緩く利用しやすい。 銀行・生保・損保etcと金融機関やローンの種類が多く、選択の幅が広い。 金利の値引き交渉ができることもある。
デメリット
金融機関ごとに違いはあるものの、「最後まで返済可能かどうか」を審査時に見るため、勤続年数や最低年収等、融資条件が厳しい。金利状況によっては変動型や固定期間選択型を選ぶと返済額増となることがある。

財形住宅融資

メリット
金利が上昇しても、毎月返済額の変更はそれまでの返済額の1.5倍までという上限がある。住宅購入の際に利子補給など会社によりさまざまな特典を受けられる。元本550万円までの利子分が非課税となる。
デメリット
基本的に5年毎に金利の見直しがある変動金利であるため返済額増となることがある。金利が上昇しそれまでの返済額の1.5倍以上に増えた場合、未払い利息が発生する。転職時には全額一括返済が必要。 勤務先が財形貯蓄制度を導入していないと利用できない。財形貯蓄(財形住宅貯蓄一般財形貯蓄、財形年金貯蓄)を1年以上継続していることなどの条件がある。

勤務先の社内融資等

メリット
一定の勤務年数があれば、審査に時間がかからない。手続きが簡単なうえに低金利、勤務期間が長いと審査が容易。退職金を担保とすることが多く、抵当権設定を必要としない場合がある。
デメリット
転職・退職の場合に一括返済しなくてはならない場合が多い。