資金計画・調達サポート- 購入希望物件決定後の購入予算プランニング

購入したい不動産が決まりましたら、専門スタッフが具体的に資金計画をプランニングし直しますので、慎重にチェックしてください。
用意できる自己資金、物件価格、購入諸費用、入居費用をそれぞれいくらかかるのか調べ、頭金に用意できる金額を算出します。
「自己資金 - 購入諸費用 = 頭金として用意できる金額」で計算することができます。


いくら借りられるかよりも、いくら払えるかがポイントです。

頭金0円でも住宅ローンを利用できます

以前は住宅ローンで全額を借り入れることができず、自己資金(頭金)が必要で「一般的に頭金は20%が理想」などと言われていましたが、最近では頭金が0円でも利用でき、また諸費用も合わせて利用することが可能な住宅ローン商品が多くなっています。フロンティアホームでも物件の100%を借り入れされるお客様がかなり多くいらっしゃいます。ちなみに「フラット35」も以前は100%の借入は不可でしたが、今は100%の借入が可能になってます。頭金が0円の場合、当然ながらその分少し金利があがりますので、将来も無理なく返済できる程度の借り入れかどうかがポイントになります。

無理のない資金計画が大切です。

どの住宅ローンを選ぶ?

住宅ローンは、金利を固定型か期間選択型・変動型などの設定方法によって分けられます。将来無理のない返済を考えるなら長期固定金利型にし、期間選択型・変動型の民間ローンで不足部分を補うのがおすすめです。 短期間での返済が可能ならば期間選択型や変動型があります。お客様のライフプランニングに合わせてコンサルティング致します。

返済期間は完済時の年齢を考えて

住宅ローンの返済期間は建物の種類、新築・中古によって金融機関ごとに異なり、最長返済期間が20年~35年と幅があります。最長返済期間に合わせるのではなく、ローン完済時のご自身の年齢や生活の変化も考えて返済期間をお決めください。

月々の返済額はいくらにする?

返済期間や返済額などの希望条件によって月々の返済額など資金計画は当社スタッフが試算します。いくつかのパターンを算出しますので、どれが無理なく返済でき、最適かをよく検討してください。