不動産(住宅)売却のQ&A

住宅売却を検討する時に気になること、ご質問の多い内容についてまとめました。


「売却」が先?それとも「購入」が先?
「売却」を優先しましょう
現在のお住まいの売却可能価格が把握できなければ、購入物件の価格が定まりませんので、まずは売却を優先しましょう。ただ、入居時期に差が生じた場合には一時的に仮住まいが必要になる場合もあるためこのあたりも考慮する必要がございます。当社ではお客様のご希望に沿った最適なプランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。
不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
一年中流通しています
売買は賃貸と違って、売却の時期・季節はあまり関係なく、一年中流通しております。それよりは周辺の売却相場や売却事例がどのようになっているかがポイントです。
住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
1ヶ月から可能です
売却先とご購入先が決まっていれば1ヶ月から2ヶ月程度です。しかし、ご購入される物件が完成済みか未完成かなど、さまざまな条件によって期間は大きく変わることがございますので最適なプランで進められるようご提案いたします。
持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
売却プランの組み直しが必要です。
まずは現状の売却プランが最善かどうかを分析します。販売活動・引渡し条件・売却相場・エリアの特性など総合的な検証を行い、売却プランを組み直してみましょう。
不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
物件の優位性を高めましょう
市場で販売されている物件よりも利点を多くして需要を高めましょう。例えば価格面でいえば、他物件よりも割安である、不動産買取会社への売却も検討できる、など優位性を高めると売却スピードは上がります。
不動産会社はどんなことをしてくれるの?
ご相談からのトータルサポートを致します
ご相談から、売却活動、契約業務、引渡し業務とトータルサポートが可能です。特に初めてのご売却ですとたくさんの不明点・不安材料があるように見受けられますので、細かいことから一つ一つご対応致します。
不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
3種類ございます
売却の依頼契約は3種類です。
  1. 専属専任媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 一般媒介契約
どの契約にもメリット・デメリットがございます。お客様の状況に合わせてご提案致します。
同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
一般媒介契約の場合は可能です
不動産会社の窓口を広く取ることによって、多くの需要を取り込める可能性があります。
営業マンについて希望を言ってもいい?
是非、お願い致します
不動産取引は人と人との取引です。営業マンについてのご要望があれば些細なことでもお伝え下さい。できる限り対応致します。
不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
可能です
仲介会社は、取引の安全性を高めるための存在です。安全な取引であれば自分での売却は問題ありません。ただし、トラブルが起きた時の対処法を持ち揃えるのは必須でしょう。
売却価格はどうやって決まる?
エリアの特性・物件の特性等で決定します
エリアの特性・物件の特性・お客様のご要望・タイミング等で総合的な価格査定を行わせていただきます。
査定価格より高く価格設定しても売れる?
売れる可能性もあります
査定はあくまで査定です。全く相場を無視しての価格設定は無謀かもしれませんが、実際に市場に出してみなければわからない事もございます。
買い取り制度ってどんなもの?
不動産買取会社による買取制度です
早期の売却をご希望の方が利用されます。不動産買取会社による買取のため、スピーディ・周囲に情報が漏れにくい・引渡しのタイミング調整がしやすいなどのメリットがあります。
売却価格は途中で自由に変更できる?
可能です
不動産の価格は、価格変動相場です。その時の経済状況や諸事情により価格が変動することは一般的なため、途中で価格の変更は可能です。
近所に内緒で売却することはできる?
可能です
内々でのお取引は、買取制度のご利用をお勧めしております。
買い手からの印象をよくするコツは?
物件のイメージアップ
中古物件であれば、玄関周り・建物周りや室内を整理整頓し綺麗にしていることが重要です。これだけで成約率はアップします。
売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
物件によっては有利な場合がございます
築後数年の中古物件では、リフォーム無しでも査定はあまり変わらないことがあります。逆に築後数十年の中古物件では、リフォームした方がプラス要因になることが多いです。
不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
仲介手数料のほかいくつかございます
仲介手数料・売買契約書の印紙代・登記費用(住宅ローンが残っている場合)・譲渡所得税(大幅な利益が出た場合)
不動産の売却時にも税金はかかる?
かかります
印紙税、登録免許税(低当権の抹消登記が必要な場合)、消費税(登記手数料や仲介手数料に対して)は必ず課税されます。場合によってかかる税金は譲渡所得税があります。居住用の不動産の場合は特別控除がありますので詳細はお気軽にお問合せ下さい。
ローン残債が多いと買い替えはムリ?
無理ではありません
売却価格がローン残債より低い場合は、ローンの組み換え(金融機関による)・一部自己資金充当などいくつかの方法がございます。よろしければお気軽にご相談ください。
買い替え用のローンって、どんなもの?
新規住宅ローンとの一本化
ご自宅の売却でローンが残ってしまう場合でも、新たに購入する物件で組む住宅ローンと一本化することが出来ます。いわゆる「買い替えローン」です。多くの都市銀行で取り扱っています。
優遇税制にはどんなものがある?
住宅ローン控除・居住用財産の買い替え特例等
購入時の住宅ローン控除、特定の居住用財産の買い替え特例と相続等の買い替え特例、3000万円控除や損失が発生する場合の譲渡損失の繰越控除などがあります。また、買い替えのときの取得による優遇税制もあります。

フロンティアホームでは

フロンティアホーム店舗画像お客様それぞれのご要望にお応えし、不動産のご購入、ご売却、住み替えをトータルサポート致します。

住まい売却のお手伝いだけが私たちの仕事ではありません。ご相談からお引渡しまで面倒な手続きなども私たちが全力でサポート致します。

「売ろうかなという気軽なご相談」から「売却成功後のケアまで」

経験豊富なスタッフがしっかりサポートいたしますので安心してご相談いただけます。

わからないことや不安な点などありましたらお気軽にご相談ください。