Low-Eガラス ( ろういーがらす )

赤外線を反射しやすい、つまり熱を通しにくい断熱ガラスのことです。Low-E(ロウ・イー)とはLow Emissivity、つまり低放射を意味しています。

2枚あるいは3枚のガラスを組み合わせた複層ガラスに用いられることも多く、夏の日差しをカットする「遮熱性」を上げたり、冬に室内の熱を逃がさない「断熱性」を上げたりすることで、快適な室内温度と冷暖房効率アップを実現します。
他にも紫外線をカットしたり、結露を防いだりという効果もあります。

その分、通常のガラスに比べて高価であり、またガラスに特殊なコーティングをするために透明性にやや欠けるといった短所もあることは注意が必要です。

PAGETOP