高層住居誘導地区 ( こうそうじゅうきょゆうどうちく )

高層住居誘導地区とは、高層住宅の建設を誘導するために指定した地区のことです。人口の空洞化が進んだ大都市地域に高層住宅を建設することにより、良好な都市環境を形成する目的で定められました。

第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域または準工業地域内で、400%か500%の容積率が指定されている地域を指します。しかし、この地区に指定されると、建物の住宅部分が延べ面積の2/3以上ある場合、最高で600%まで容積率が引き上げられます。

PAGETOP