鉄骨ALC工法 ( てっこつえーえるしーこうほう )

鉄骨ALC工法とは、H型の断面をした鉄骨を主な骨組みとした造りをし、軽くて厚みのある軽量コンクリート板(ALC)を床や壁に使う工法のことです。

ALCとはセメントと骨材などを混ぜ合わせて発泡させ、重量を軽くした軽量コンクリートです。ALC板の内部には、軽量化のためにたくさんの気泡があります。そのため水分を吸収しやすく、水分を吸収したALC板は性能が低下してしまいます。外部の防水の仕上げがとても重要です。
ALCは耐火性、断熱性、耐久性、遮音性が高いという特徴があり、基礎以外の主要部材は工場生産品のため品質が安定しているのが大きな特徴です。

PAGETOP