鉄骨鉄筋コンクリート造 ( てっこつてっきんこんくりーとづくり )

鉄骨鉄筋コンクリート造とは、鉄筋コンクリートの芯部に鉄骨を内蔵した建築の構造もしくは工法です。SRC構造あるいはSRC工法と略されます。

鉄骨で柱や梁等の骨組を組み、その周りに鉄筋を配してコンクリートを打ち込むもので、鉄筋コンクリート構造(RC構造)と鉄骨構造(S構造)の長所を兼ね備えています。その分コストは割高ですが、鉄筋コンクリート構造に比べて耐震性等に優れ、柱や梁の断面も小さくすることができるため、主として高層建築物に用いられます。

1923年に起きた関東大震災を契機として、地震の多い日本で独自に発達した構造形式です。

PAGETOP