鉄骨造 ( てっこつづくり )

鉄製や鋼製の板をI型やT型、L型、円筒型などに組み合わせた建材を建築物の躯体に用いる構造のこと。S構造とも呼ばれます。

鉄骨構造は大きく三種類に分けられ、木造軸組工法と同様に柱、梁、筋交いを利用したブレース構造、柱と梁を完全に固定(剛接合)して筋交いを不要としたラーメン構造、小さな三角形を多数組み合わせたトラス構造があります。

また、厚さが6mmを超える鋼材を重量鉄骨、厚さが6mm以下の鋼材を軽量鉄骨といい、一般に低層(~2階建)は軽量鉄骨、中層(3~5階)以上は重量鉄骨を用います。
特に断りがなく「鉄骨構造」という場合、一般的には重量鉄骨ラーメン構造を指します。

PAGETOP