鉄骨パネル工法 ( てっこつぱねるこうほう )

鉄骨パネル工法とは、骨組みを軽量鉄骨で造り、建物の大部分を工場で生産して現場にもってきて組み立てる工法です。

この工法には、木造軸組工法同様柱と梁で構成する軸組工法方式と骨組み自体を壁の中に埋め込んだ壁体構造の耐力壁構造の2種類があります。
基礎以外の主要部材は工場生産品のため、品質が安定し、比較的工期も短く、特別な技術も必要としないことが大きな特徴です。
木質系パネルと比較すると耐力壁の構造耐力の値が大きく、平面プランの壁量は少なくて済みます。

PAGETOP