鉄筋コンクリート造 ( てっきんこんくりーとづくり )

鉄筋コンクリート造(RC構造またはRC造)とは、引っ張りに弱いコンクリートを補強するために鉄の棒を配したコンクリート(=鉄筋コンクリート)を用いた建築の構造もしくは工法です。木造や鉄骨造に比べて頑丈で、遮音性にもすぐれています。

戸建や2階建てアパートなどを除くと、日本では多くの建物がこの工法で造られています。

英語のReinforced-Concrete(補強されたコンクリート)の頭文字からRC構造またはRC造と略されます。

PAGETOP