都市計画税 ( としけいかくぜい )

都市計画税とは、都市計画事業や土地区画整理事業に要する費用に充てる目的で、都市計画区域として指定されている、市街化区域内の土地や家屋の所有者に対して、市区町村(都)が課税する市(区)町村税(都税)のことです。

市町村によって異なりますが、税率は最大0.3%です。納付期限は固定資産税と同じで、毎年1月1日現在の所有者に課されます。固定資産税と同様に、一定の条件に合えば、土地に対する課税標準額を軽減(敷地面積200平方メートルまでは3分の1、それ以上は3分の2)に軽減する措置があります。

PAGETOP