違反建築物 ( いはんけんちくぶつ )

建築基準法および都市計画法など、関連する命令、条例の規定に違反して建築・増改築した建築物を指します。具体的には、建ぺい率超過、容積率超過、各種斜線制限の違反、用途制限違反、接道義務違反などがあります。

一旦適法な状態で建築されたものでも、増改築、法改正、用途変更、分筆等によって違反となることもあります。

特定行政庁は、違反建築物を発見した場合、その建築物の所有者、建築主、工事請負l(現場監督)などに対して、工事の施行停止を命じ、または当該建築物の除却、移転、改築、使用禁止など、是正に必要な措置を指示することができます。
一旦適法な状態で建築されたものでも、増改築、用途変更、分筆等によって違反となることもあります。
法令の改正や都市計画の変更によって事実上違法となった建築物は違反建築物ではなく既存不適格建築物といい、将来建て替えようとする際には、違法な部分を是正する必要があります。

PAGETOP