贈与税 ( ぞうよぜい )

贈与税とは、財産を無償で贈与を受けた際に課税される税金のことです。個人から個人への贈与が対象で、1月1日から12月31日までの期間に、贈与により取得110万円の基礎控除を超えた分に課税されます。

累進課税制度のため、年間110万円を超える部分に対して課税される税率は金額により10%から50%と徐々に高くなります。

計算式
贈与税=(贈与財産の合計額-110万円)×税率-控除額

贈与税の課税の対象となる財産は、基本的にはすべての財産です。現金、預金、株式、不動産等、金額に見積もることのできるすべての財産です。20歳以上の子が65歳以上の親から贈与を受けた場合には、相続時に一括精算する「相続時精算課税制度」を選択することもできます。

PAGETOP