買換え特約 ( かいかえとくやく )

住替えで新住居の購入契約を結ぶ際、一定の期間を過ぎても一定金額以上で前に住んでいた不動産が売却できなかった場合に、購入契約を白紙に戻すことができる特約を「買換え特約」といいます。これは契約書に明記しておきます。

自分の不動産が条件どおりに売却できなかった場合は契約が白紙に戻るため、違約金は発生せず手付金も戻ってきます。

住替えの際には、古い住まいを販売することと新しい住まいを探すことを同時並行で進める場合もありますが、新しい住まいで良い物件が先に見つかったときに買い先行で契約を結ぶことがあります。そのような際に買換え特約を結ぶことがあります。
この特約により買主は新居の代金が払えないというリスクを回避することが出来ます。

売主にとっては白紙解約のリスクを背負うことになります。そのため、買換え特約にこだわると気に入った物件の購入機会を失う可能性もあります。
不動産会社にとっては媒介契約を結ぶ為のの材料になります。また、買主側は買い換え特約付き契約を機会に本格的に売却に邁進するので、売却を促進するキッカケにもなります。

PAGETOP