買取保証 ( かいとりほしょう )

媒介契約を締結してから一定期間を経過しても売買契約が成立しない(買い手が現れない)場合に、仲介業者が所定の価格で買い取ることを保証する制度をいいます。

委託する側にとっては確実に売却できる価格が確定するため、不安の解消になります。ただし、買取価格は低くなる可能性があります。

住替えに際する現物件の下取りの際に主として用いられることがあります。
住換えをする側にとっては住んでいた不動産の売却が約束されることになるため、資金が確保できるという安心が得られます。
その際、新居の売主と不動産業者にとっては白紙解約のリスクを大幅に軽減できます。

PAGETOP