耐震構造 ( たいしんこうぞう )

耐震構造とは、地震の揺れに抵抗できる強度と粘り(変形性能)を満たすようにつくられている建物の構造のことです。最も一般的な構造で、住宅の筋かい等も、この考え方の上で成り立っており、大きな地震が来ても倒壊しないことを前提に考えられています。

現在の耐震基準は1981年に建築基準法が大幅改定されて以降のものです。(1981年以降「新耐震設計法」と呼ぶことがあります。)建物は、震度4-5弱の地震に対してはほとんど損傷を受けず、震度5強以上の強い地震であっても倒壊を防止するレベルで造られています。地震に耐えるよう構造部を強靭・堅固に造り、建物全体で地震エネルギーを受けるので、その分、倒壊しません。ただし室内の損傷が大きい危険性があります。

PAGETOP