耐震基準 ( たいしんきじゅん )

建築基準法における耐震基準は、過去に大きな地震が起きるたびに改正されてきました。特に1981年(昭和56年)の改正では、「極めてまれに起こる大地震でも倒壊しないこと」が前提となりました。実際に阪神大震災では、この新耐震基準で建てられた建物は倒壊していません。この新しい基準によって、家の倒壊リスクはぐっと小さくなったと言えるでしょう。

家の耐震性を客観的に知ることができるのが、住宅性能表示制度です。この制度は耐震性や耐久性、省エネ性など10の分野にわたる性能に関して、国が決めた統一基準で評価されるものです。耐震性に関しては、その評価結果が等級1~3で表されます。

◇等級1:建築基準法の新基準=極めてまれに起こる大地震(数百年に一度程度)によって倒壊しない。1981年以降の建物はすべて該当。
◇等級2:等級1の1.25倍の地震力に対して倒壊、損傷しない
◇等級3:等級1の1.5倍の地震力に対して倒壊、損傷しない

等級3では震度7でも倒壊・崩壊しないということができます。

PAGETOP