耐用年数 ( たいようねんすう )

耐用年数とは、減価償却資産において一般的に建物等が使用に耐えなくなるまでの効用持続年数または利用可能年数のことをいいます。耐用年数は、減価償却の目安となり参考にされる。

耐用年数は資産を費用化するという仕組み上、長くすればするほど、1年あたりの費用は小さくなり、短くするほど費用は大きくなる。法定耐用年数は、減価償却費を計算するために財務省令で定められたもので、実際の寿命とは必ずしも一致しない。例えば木造住宅の法定耐用年数は 22年です。

PAGETOP