耐火等級 ( たいかとうきゅう )

火災時の安全に関する規定のひとつが『耐火等級』です。住宅性能表示制度により、住宅の部位がどの程度火に強いを示す等級のことです。
『延焼のおそれのあ部分(開口部)』と『延焼の恐れのある部分(開口部以外)』『境界壁および境界床(共同住宅のみ)』と等級設定があります。

耐火等級では、「延焼のおそれのある部分(開口部)」は等級1~3で表示されます。
等級3 火炎を遮る時間が60分相当以上
等級2 火炎を遮る時間が20分相当以上
等級1 その他

「延焼の恐れのある部分(開口部以外)」「界壁および界床」(共同住宅のみ)は等級1~4で表示されます。
等級4 火炎を遮る時間が60分相当以上
等級3 火炎を遮る時間が45分相当以上
等級2 火炎を遮る時間が20分相当以上
等級1 その他

PAGETOP