第二種中高層住居専用地域 ( だいにしゅちゅうこうそうじゅうきょせんようちいき )

第二種中高層住居専用地域とは、主に中高層住宅のための良好な住環境を保護するための住居系の地域。建築できる建物の種類は第1種中高層住居専用地域とほぼ同じです。

この地域では、住宅のほかに広めの店舗(床面積1500㎡以内)や一定条件の事務所(2階建て以内)も建てることができます。また、パン・米・豆腐・菓子などの食品製造業で作業場の床面積が50㎡以内の工場も建てられます。

PAGETOP