第一種低層住居専用地域 ( だいいっしゅていそうじゅうきょせんようちいき )

第一種低層住居専用地域とは、2~3階建て以下の低層住宅のための良好な住環境を保護するための住居系の地域のことです。

小規模なお店や事務所を兼ねた住宅や、小中学校などが建てられます。建ぺい率は30・40・50・60%、容積率は50~200%です。建物の高さは、10または12メートル以下に制限されています。

PAGETOP