競売物件 ( きょうばいぶっけん・けいばいぶっけん )

債務不履行によって差し押さえられた不動産が、地方裁判所によって競売にかけられ、競売に掛けることによって貸金の回収を図ろうという制度です。競売物件とはその競売にかけられた住居などのことです。

メリットは、通常の取り引きに比べて格安の物件が多く、通常ではなかなか売り出されない好条件の物件が出る可能性もあります。また、裁判所や財務省などの公的機関と取り引きするので、安心感もあります。デメリットとして、建物の中まで確められないことが多く、落札後、一定の期日までに支払いができないと保証金も戻ってこない可能性があります。また、瑕疵(かし)担保責任が追及できず、何らかの障害があっても買い主の負担になります。そして、占有者がいる場合に立ち退き料が必要になったり、時間がかかることがあります。

PAGETOP