移転登記 ( いてんとうき )

記入登記の一種類で、「ある権利の権利者が他の人間へ移転した」ことを示すためのものです。売買、相続、交換などにより権利が移転したことによってなされます。
その方法は一般承継か特定承継かによって一部手続きが異なります。

記入登記とは、登記簿に記入することで登記事項が為されるものを指します。
不動産の所有権が現在の登記名義人から他人に承継された場合、権利を取得した人は登記をしなければ、第三者に対抗できません。
登記の申請に当たっては、登録免許税を納付しなければなりません。

所有者として一番はじめに登記した場合は「所有権保存登記」をすることになり、それ以降に前の所有者から不動産を譲りうけた場合は「所有権移転登記」をすることになります。

PAGETOP