矩計図 ( かなばかりず )

矩計図とは、建物の一部を垂直方向の切断して、納まりや寸法等を細かく記入したを詳細に表した図面のことです。

基礎・床組や外壁の構造と使用する構造材の詳細、断熱の方法、屋根・外壁・室内壁・天井・床の下地の寸法・形状、仕上げの指示までが書き込まれます。軒高や階高・床高などの高さ寸法も詳細に記入され、断面図を兼ねることもあります。
最も重要な図面のひとつと言えます。
縮尺は20分の1~50分の1程度が一般的です。

PAGETOP