相続税 ( そうぞくぜい )

相続税とは、亡くなった方の財産を相続により取得したときや、遺言によって財産を取得したときに生じる税金です。取得した財産が一定額以下であれば、相続税はかからず、申告の必要はありません。

現金、預貯金、有価証券、不動産や著作権など経済的な価値があるもの全てが課税対象となります。また、死亡前3年以内に贈与された財産や、相続時精算課税の適用を受けていた財産も課税対象に加算されます。非課税となるのは、墓地や葬式費用の他、特定の寄付などです。生命保険金・死亡退職金の一部は、「500万円×法定相続人の数」までが非課税となります。

PAGETOP