登録免許税 ( とうろくめんきょぜい )

登録免許税とは、土地や建物を建築したり購入し、所有権保存登記や移転登記等をする際にかかる税金のことです。登録免許税法に基づき,登記、登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定及び技能証明について課せられる国税で流通税です。

不動産の登記において登録免許税が課税されるのは、新築建物などで最初に行なわれる所有権の保存登記、土地や建物の売買による所有権の移転登記、贈与や相続による所有権の移転登記、住宅ローンの借入れによる抵当権の設定登記などをはじめとして、不動産の権利に関する登記のほぼすべてです。なお、土地の地番・地目・地積、建物の家屋番号・構造・床面積などを記載する登記簿の表題部を作成するための登記 には、原則として登録免許税が課税されません。

登録免許税は、当該不動産の価格×登録免許税の税率で計算されます。当該不動産の価格は、課税標準と呼ばれています。
例えば、固定資産課税台帳に登録された価格は土地部分が500万円、建物部分が1000万円を買った場合
【軽減措置が適用される場合】500万円×1%+1000万円×0.3%=8万円
【軽減措置が適用されない場合】500万円×1%+1000万円×2.0%=25万円が、登録免許税として必要となります。

PAGETOP