登記簿面積 ( とうきぼめんせき )

登記簿面積とは、登記簿に登記されている面積のことです。土地の登記簿面積(地積)と実測面積は異なることがあるので、測量が必要です。

また、建物の登記上の床面積は一戸建て(一般建物)は、壁の中心線で囲まれた面積を表す「壁心面積」が、マンション(区分所有建物)の場合は、壁の表面から内側の面積を表す「内法面積」が登記簿上用いられます。内法面積は壁心面積よりも壁の厚さ分だけ狭くなりますので、パンフレットなどに記載される登記簿面積と実際の面積とは異なりますので注意が必要です。

PAGETOP