瑕疵担保責任 ( かしたんぽせきにん )

売買の対象となる不動産に隠れたる瑕疵があった場合には、その瑕疵における損害分を、売主が買主に対して賠償する責任があることをいいます。

瑕疵があったということは、契約時に買主が予測した物件価値よりも実際の物件価値が低く、相対的に高い金額を支払ってしまったということを意味するため、公平性を担保するために損害賠償責任を負わせるものです。但し買主は、瑕疵の存在を認知してから一年以内に権利を行使する必要があります。

PAGETOP