現況地目 ( げんきょうちもく )

現状地目とは、登記簿上の地目でなく、実際に現在利用されている地目のことをいいます。

地目とはその土地の利用目的を表したものです。不動産登記法では 「宅地」 以外にいくつも規定があり、全部で21種類です。田、畑、宅地、山林、牧場、原野、墓地、境内地、公園などです。
登記簿に記載された地目、つまり登記簿地目と現況地目が一致していいないこともあります。現実には現在 「宅地」 であっても、登記簿上で 「畑」 や 「山林」 のままになっている土地が数多くあります。

PAGETOP