特定街区 ( とくていがいく )

特定街区とは、市街地の整備改善を図るために街区の整備などを行う地区について、一般の制限とは異なる制限(容積率、壁面位置の制限など)を都市計画に定める地域地区のことを指します。

容積率の割り増しや設計の自由度が高まるなど、総合設計制度に似ています。比較的自由に大規模な建築物の建築が可能となることから、大規模な都市開発プロジェクトにおいてよく活用される制度です。特定街区の有名な活用事例としては西新宿の超高層ビル街、池袋サンシャイン60、霞が関ビル、貿易センタービルなどが挙げられます。

PAGETOP