無垢材 ( むくざい )

無垢材とは、一本の原木から角材や板を直接必要な寸法に切り出した木材のことです。木が持つ本来の質感、風合いという面で魅力があり、ホルムアルデヒドなどの化学物質を含まない自然素材としても注目されています。

一番の特長としては調湿作用があり、湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保とうとする性質があります。また、コンクリートの約2倍とも言われる優れた断熱性があり、夏は涼しく、冬は暖かい環境を生み出してくれます。

反面、湿度や温度によって気が伸び縮みするため、集成材に比べて反りやねじれなどが生じやすくなります。

PAGETOP