準防火地域 ( じゅんぼうかちいき )

準防火地域とは、市街地における火災の危険を防除するため定める地域地区の一つです。準防火地域は、主に商業地域及び近隣商業地域で木造建築物が密集した市街地等に指定します。

地下を除き4階以上である建築物、または延べ面積が1,500㎡以上の建築物は耐火構造としなければなりません。延べ面積が500㎡を超え1,500㎡以下の建築物は耐火建築物または準耐火建築物としなければなりません。地下を除く3階建ての建築物は耐火構造、準耐火構造にするか、または外壁開口部の構造及び面積、主要構造部を法令で定められた防火上必要な措置を施した建築物としなければなりません。

PAGETOP