準工業地域 ( じゅんこうぎょうちいき )

準工業地域とは、火災や公害発生など、危険や環境悪化のおそれの少ない工業の利便を図る地域のことです。

建ぺい率は50・60・80%、容積率は100~500%です。危険性・環境への悪化が大きい工場、個室付浴場、建築基準法法令で定める量を超える危険物の貯蔵・処理工場などは建てることは出来ません。しかし、可燃性ガスの製造や危険物の貯蔵施設は建築できるので、住宅地として考える場合は、周辺環境や工場の種類などをよくチェックすることが重要です。

PAGETOP