準住居地域 ( じゅんじゅうきょちいき )

準住居地域とは、道路の沿道地域にふさわしい利便性を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するための地域のことです。

建ぺい率は、50・60・80%、容積率は100~500%です。自動車車庫や150㎡以内の自動車修理工場などの自動車関連施設との調和を図ることを目指しています。パーキング付ファミリーレストランや大型物販店、ショールームなど、ロードサイドビジネスが可能な地域です。また、客席部分の床面積の合計が200㎡未満の小劇場やミニシアターも建築できます。

PAGETOP