根抵当権 ( ねていとうけん )

根抵当権とは、不特定の債権に対し、極度額を限定し担保する、同じく不動産に設定する物的担保のことです。

抵当権は特定(ひとつ)の債権でしか設定が出来ませんが、根抵当権は、不特定の債権に対して設定することが出来ます。例えば、家の購入や会社運用資金などを複数の債権をまとめてひとつの債権とみなし適用されます。根抵当権は、返済途中で、もう一度借入がしたくなった場合、新たな担保は必要なく、設定限度額内であれば何度も借入することができます。

PAGETOP