木質パネル工法 ( もくしつぱねるこうほう )

木質パネル工法とは、建物の構造体となる床・壁・天井を規格化したパネルとして工場で生産し、現場に搬入して組み立てる工法のことです。

構造原理としては「2×4工法」と同じです。また現在は、国内のハウスメーカーでも自社開発を行い、工場で生産したパネルを使用して住宅を建設するケースが増えています。高気密・高断熱で耐震性に優れ、工場生産の利点を生かし短工期で住宅を建てることも可能です。

PAGETOP