更地 ( さらち )

更地とは、建物・構築物・工作物などが建っていない「まっさら」な状態、かつ、借地権・地役権などの使用収益の制約する権利の付いていない土地のことです。

建物や借地権がない土地であるため、所有者が自由に使用収益できることから、担保価値が高いです。
宅地であることが基本的な要件となるため、たとえ建物等が無い農地、山林は更地に該当しません。更地はすぐにでも建物の建築が自由にできる土地を意味します。実際に不動産市場で売買される土地で、完全な更地というのはほとんどないのが現状です。

PAGETOP