建築確認 ( けんちくかくにん )

建物の建築にあたり、建築主はその計画の内容について建築主事の確認を受けることが義務付けられています。建築確認は、その計画が敷地、構造、建築設備等の観点から法令に適合するものかどうかという観点から行われます。

建築確認を受けなければならないのは以下の場合と定められています。

1.特定の用途または一定の規模以上の建築物を建築し、または大規模の修繕もしくは大規模の模様替えをしようとする場合(建基法6条1項1号~3号)

2.都市計画区域(都道府県知事が指定する区域を除く)内、または都市計画区域外で都道府県知事が指定する区域内において建築物を建築しようとする場合(同条1項4号)

PAGETOP