工業専用地域 ( こうぎょうせんようちいき )

工業専用地域とは、工業の業務の利便増進を図るための地域のことです。都市計画法による用途地域の一種です。

建ぺい率は、30~60%、容積率は、100~400%です。この地域では、基本的にどのような工場でも建てられます。
飲食店などの商業施設は規模にかかわらずほとんど建築できません。娯楽施設もカラオケボックスを除き不可なものが多いです。学校・病院も建築できません。マンション、一戸建て、寮・社宅を問わず住宅の建築が一切禁止されている唯一の用途地域です。

既存の工業地域で将来的にも工業の増進を図る地域、臨海部の埋立地で土地利用計画が工業専用地等として評価されている区域、工業専用地として計画的に開発されることが確実な区域などが該当します。

PAGETOP