小屋裏収納 ( こやうらしゅうのう )

小屋裏収納とは、屋根を設けた下部にある部屋の天井から屋根との間にできた空間を利用した収納のことです。

建築基準法では、住宅の小屋裏に小屋裏収納やロフトなどの空間を設ける場合は、天井の高さが1.4m以下で、下階の床面積の1/2未満、及び 固定階段(はしご)を設けないなどの条件をクリアすれば、床面積 及び階数には算入されません。屋根のすぐ下にあたり外気温に左右されやすく環境条件がよくないため、屋根面や外壁面に断熱材を入れる方法もあります。

PAGETOP