宅地建物取引主任者 ( たくちたてものとりひきしゅにんしゃ )

宅地建物取引主任者とは、宅地建物取引業者の相手方に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う国家資格者のことです。

宅地建物取引業法では、宅地建物取引主任者とは、宅地建物取引主任者資格試験に合格し、都道府県知事の登録を受けた者を指します。宅地建物取引主任者の仕事は、宅地・建物の売買や賃貸の契約を締結する際に、重要事項の説明をするとともに、重要事項説明書や契約書への記名や捺印等があります。

PAGETOP