壁芯面積 ( へきしんめんせき )

壁芯面積とは、壁や柱の中心線を囲んだ部分を計算した面積のことです。マンションなどの建物の床面積を計算する方法の一つです。

また、壁に囲まれた正味面積を計算するものとして『内法(うちのり)』と言う方法があります。一般的に、マンションのパンフレットや広告などに記載されている床面積は壁芯面積にて示されています。マンションを登記する場合には『内法面積』で登記されることから、壁芯面積で計算された面積よりも小さくなります。

PAGETOP