基礎パッキング工法 ( きそぱっきんぐこうほう )

基礎パッキン工法とは、基礎と土台の間にパッキング(緩衝材)で隙間を設けて床下の換気をうながす工法です。
床下換気口に替わるもので、基礎に開口を設けないので構造的にも優れた床下換気システムです。

基礎パッキン工法によりコクンリートや床下全域の湿気による木材の腐敗を防ぎます。また、排湿できる良好な床下環境をつくることで断熱材の性能を維持します。基礎に通気口を設けずに済むため基礎の耐力が上がり頑丈な基礎になります。

PAGETOP