固定資産税課税標準額 ( こていしさんぜいかぜいひょうじゅんがく )

固定資産税課税標準額とは、固定資産税の課税対象金額のことです。

固定資産税と都市計画税には、土地の条件によって固定資産税評価額を緩和する、一定の負担調整や軽減措置があります。基礎になる固定資産税評価額に、こうした操作を加えて割り出したものが「固定資産税課税標準額」です。

住宅用地に対しては固定資産税の課税標準額を減額する特例があります。
土地の固定資産税評価額は3年に1度評価替えが行なわれますが、固定資産税評価額が急激に上昇した場合にも、納税の困難を避けるために、固定資産税課税標準額はわずかな上昇率にとどめるという措置を講じています。この上昇率を負担調整率といいます。

このような措置のため、通常は評価額よりも課税標準額のほうが低くなっています。不動産取得税や登録免許税、相続税の計算では、固定資産税課税標準額ではなく、固定資産税評価額を使って計算します。少し複雑なので注意が必要です。

PAGETOP