固定資産税評価額 ( こていしさんぜいひょうかがく )

固定資産税評価額とは、固定資産税を賦課するための基準となる評価額です。市町村の税務課(東京都23区では都税事務所)にある固定資産課税台帳に登録してある土地や建物の評価額を指します。

固定資産税評価額は国が定めた「固定資産評価基準」に基づいて固定資産を評価し市町村が決定します。評価額は、土地については時価の60~70%(公示価格の70%)、建物については建築費の50~70%ぐらいです。評価額は原則として3年ごとに見直し、評価替えが行われます。

PAGETOP