団体信用保険 ( だんたいしんようほけん )

団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)とは、住宅ローン返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社がその時点の住宅ローン残高に相当する保険金を債権者に支払い、ローンが完済となる制度です。

民間金融機関の多くは、この団信の加入を住宅ローン借入れの条件としています。健康状態が良好で、生命保険に加入できる状態ではないと住宅ローンも借入れできないこともあります。住宅金融公庫や「フラット35」などの住宅ローンは、加入が義務付がなく、病気で団信への加入ができなくても融資を受けることができます。

PAGETOP